2017年12月12日 更新

雪遊びシーズン到来!子どもの服装・持ち物全て教えます♪

483 view お気に入り 0
12月に入ると、場所によっては雪が降る場所もありますよね♪雪が降ると、大人は通勤の心配や雪かきなどで、大変なことが多いですが、子どもは朝からテンションマックス★私は雪国出身ではないのですが、娘に初の雪を経験をさせてあげたくて、昨年雪遊び場に沢山出掛けました♪
そこで、体験談を含め、子どもが雪遊びをする為の服装や持ち物等を紹介していきます!

雪遊び☆1【積雪少量&短時間の場合】

雪遊びと言っても、雪国は別として、スキー場などで遊ぶだけが雪遊びではないですよね☆
積雪が10cm程度だったり、庭でほんの30分程度遊ばせるのに、わざわざ本格的な雪遊びの服装を揃えるのは正直出費が……!

そんな場合の為に、どんな服装がいいのか紹介していきます☆
Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstock (7243)

雪遊びの服装(アウター)

短時間とは言え、アウターは1番雪に触れる部分ですので、服装の中でも重要☆そして、結論から言うと、雪が少ない場合や短時間の場合、オススメのアウターは、『レインコート』です♪

ご存知の通り、レインコートは水をはじきますので、服にまでしみこまない!そして、風も通さない!特にオススメは、上下分かれているタイプのレインコート。去年、近くの公園で遊ばせるときは、娘にこのタイプを着せましたが、下のインナーまで濡れない上に、雨の日も使えるので、重宝しました。

次にオススメは『ウィンドブレーカー』
ダウンよりも、薄手で、水がしみこみません!それに加え、ウインドブレーカは、暖かいのも特徴的ですよね☆

本格的なウェアを揃えなくても、短時間だったり、積雪が少ない場合は、この服装で十分でした。プラスで『防水スプレー』を持っておくと、雪が降っていても、より強力に弾くのでオススメです◎

雪遊びの服装(インナー)

まず、肌着の服装から♪
私は、娘にユニクロのヒートテックを着せていました。ヒートテックは大人のものと思いがちですが、赤ちゃんサイズも売っていました☆普段は綿のシャツを着せていたのですが、もし濡れた場合、綿素材のシャツは乾きにくい……!なので、雪遊びをする場合は、綿100%以外の服装をオススメします☆

そして、その上のインナー。
出来れば、水を弾くビニール素材の服装がオススメですが、小さい子どもだと、なかなか揃えられないですよね。なので、私は普段着のトレーナーと乾きやすいズボンを着せていました!

ここで注意する服装の素材はGパン。
1度履かせてしまいましたが大後悔…。乾きにくい素材なので、濡れるとずっとビショビショ……。短時間とはいえ、失敗したなと思いました。

雪遊びの服装(小物)

確実に必要な小物は、
『手袋』『帽子』『長靴』です。

手袋は、小さい子どもだと、5本指タイプではなく、ミトンタイプがオススメ☆
2歳の娘は、1人で5本の指全て通すのが難しい……。なので、未就園児には外でもサクっとつけられるミトンタイプがオススメです♪ちなみに、安物だと、すぐ雪が入ってきます。長い目で見るならば、手袋は、厚手の防水タイプが◎

帽子は、普段使っているのでオッケーです!
娘は毛糸の帽子で耳までかぶせて暖かくしました。幼児のお子さまは、耳あてをしている子もいましたよ☆

最後に長靴!
わざわざ雪遊びの為に、雪遊びブーツを買うのも……。と思い、普段使ってる長靴を使いました。しかし、オススメは丈の長い長靴☆短いと、すぐ雪が入ってきてしまいました。

1から全て揃えなくても、短時間や近場の場合は、普段使っている服装を上手く利用しましょう♪

雪遊び☆2【スキー場など本格的な場合】

続いて、スキー場など、本格的な場所で雪遊びをする場合について紹介していきます♪
この場合は、上記で書いた、簡易的な服装で行くとビショビショになるので注意!!
中まで雪が入って来ると、確実に風邪をひきます。
そうならないためにも、しっかり寒さ対策&防水対策の服装を心掛けましょう★
Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstock (7244)

雪遊びの服装(スキーウェア)

子どもの雪遊びだからと言って、油断は禁物です!ゲレンデは、晴れていたって寒い…。

今はレンタルも豊富なので、スキー場などの本格的な雪遊び場に行く場合は、スキーウェアがオススメです★

娘も、スキー場でスキーウェアを借りました。ちなみに、子ども用のスキーウェアは、上下一体のつなぎタイプと、上下が分かれているセパレートタイプの2種類☆
どちらが良いのか分からなかったので、スキー場の人に尋ねた所、小さい子のオススメは『つなぎタイプ』とのこと。
つなぎタイプは、お腹から雪が入る心配もないし、雪の上で寝転んでも良いとのこと◎
ただ、つなぎタイプのデメリットはトイレ……。オムツなら、雪遊び中ある程度の時間は持つので大丈夫ですが、オムツが取れている子は脱がせにくい!
なので、おむつが取れているお子さんは、セパレートを選ぶパパママもいると聞きました☆
40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子どもと参列する結婚式を100%楽しむためのコツ!

子どもと参列する結婚式を100%楽しむためのコツ!

結婚式に、子どもも一緒に招待してもらった!嬉しい反面、服装は?持ち物は?ご祝儀はどうすればいいの!?と、わからないことがたくさん。そんな方はぜひこれを読んで、大切な日を安心して迎えて下さいね☆
Tukimugi | 993 view
保育士が教える!保育園見学マニュアル☆申し込みから服装まで!

保育士が教える!保育園見学マニュアル☆申し込みから服装まで!

保育園見学で大切なのはどんなところ? 子どもにあった保育園を選ぶために大切なポイントとは? そんな疑問がたくさんの保育園見学! 元保育士が大解説しましょう。 これを見れば保育園見学は心配なし!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Michiru Michiru