2017年9月5日 更新

お出掛けだけじゃない!夏の遊びで子どもと遊ぼう☆

668 view お気に入り 0
幼稚園・保育園や学校が休みになる夏。子どもは休みで大喜びだけれど、ママ達は長ーい夏休みを毎日どんな風に過ごそうか、と悩みますよね…。旅行や海など、予算的にも毎日お出掛け出来るわけでもないし…。そこで、元幼稚園教諭が、夏にしか味わえない&簡単にできる子どもの夏の遊びを紹介します♪

夏の遊びって?

子どもの夏の遊びと言うと、プールなどの水遊びを思い浮かべる方が多いかと思います。最近では、公共のプール以外にも、自宅のベランダや庭で遊べる簡易式のビニールプールも手軽に買えるようになりました。しかし…!!!長いお休み中毎日のように、自分の家で子どもがビニールプールをしていたら正直水道代が…。今年は猛暑が続き、我が家も既にヒヤヒヤしています。そこで、着目して欲しいのが、子どもの夏の遊びはプール以外にも、沢山あるということ!もちろんこの季節ならではの水の遊びも紹介します。他にも、夏に使うアイテムが手作りできるのです♪
早速、子どもが楽しく遊べる夏の遊びを紹介しますね♪

夏の遊び☆1【色水遊び】

絵の具でも簡単に色水は作れますが、夏の遊びでオススメなのは、季節の花を使ったアサガオの色水遊び☆ 絵の具と違って自然な色合いで、とても、素敵な色水が作れます。幼稚園では、3歳児の子どもでも、大人と一緒に楽しく色水遊びができましたよ!
簡単なので早速、作り方を紹介しますね♪
 (2321)

夏の遊び☆1【色水】の作り方

【材料】
・アサガオ(色の濃い花)
・水
・色水を入れる容器(花を揉んだ方が色が出るので、強度のあるビニール袋などがオススメ☆)

たったこれだけです☆
アサガオは、幼稚園、小学校でも育てている子どもが多いと思います。花を大事に育てて、観察するのも大事なことですね。そのことに、プラスして、大事に育てた花を、夏の遊びとして、色水を作って遊ぶのは色々な発見にも繋がります!

作り方も至って簡単!
1.花を摘む(様々な色があると◎)
2.容器に水と花を入れる
3.花をよく揉んで色を出す

絵の具と違って、淡い綺麗な色になります♪幼稚園では全年齢の子どもが色水で楽しく遊んでいました。また、5歳児くらいになると、自分達で水の配分を研究してさまざまな色合いを作っていました!

夏の遊び☆1【色水】の遊び方

色水の遊び方は様々あります。
その中でも、私が幼稚園の子どもたちと良く遊んだ遊びを紹介しますね☆

1.色水でままごと
ペットボトルやおもちゃのコップを用意して、夏の遊びとして子ども達とジュースパーティーやかき氷屋さんごっこをしてよく遊んでいました☆ままごとは2~5歳児位の好きな遊びの1つ。家の中でも、ペットボトルに入れて蓋を閉めてあげれば、溢れず遊べますよ♪

2.色水でお絵描き
少し水の配分を減らしてあげると、発色が良く、絵の具よりは淡い色になり素敵な絵が描けます。5歳児の子どもで、敬老の日に和紙に花の絵を書いて、プレゼントしたことがあります☆とても綺麗で喜ばれましたよ♪

3.色水を混ぜて遊ぶ
この遊びは知育に繋がります。こちらをメインで行う方は、草花でなく絵の具で色水を作るのがオススメ。「赤と白で何色になると思う?」などと問いかけながら、子どもと一緒にやってみましょう♪3歳の子どもと行った時は、トンチンカンな答えが沢山でました。でも、倒楽しみながら学びにつなげることが大切です。

4.色水で染め物
個人的に1番オススメです。和紙が染めやすいのでおすすめです。色水のつけ方によって、様々な模様が出来るので、ママも感動すること間違いなし!やり方は、下の動画で説明します♪

【こうさくちゃんねる】どんなもようができるかな

夏の遊び☆1【色水】の番外編!

色水遊びを子どもと終えた後…。捨ててしまうのは何か勿体無い!
何かまだ遊べないかな…?

結論から述べます。
「冷凍して氷色水として遊びましょう!」

オススメは、氷を作るための製氷皿に色水を入れて凍らす!ポイントは、固まる寸前に、爪楊枝や割り箸などを指すことです。すると、それが持ち手になり、色水氷でお絵描きが出来るのです☆

しかし、この色水氷で遊べるのは、色水だとしっかり認識できる2、3歳から。1歳児の我が子は、食べ物だと思い込み口に入れてしまいそうに…!
子どもたちは、経験したことのない氷色水のお絵描きに興味津々になること間違いなしです☆

夏の遊び☆2【夏ならではの制作】

夏に使うアイテムと言えば、何を思いつきますか?
今は、電化製品が発展して、クーラー、扇風機などが普及していますが、昔ながらの“うちわ”や“風鈴”は風情がありますし、子どもに文化を教えることもできます☆夏の遊びとして、これらを子どもと一緒に作ってみませんか?ここでは、家で簡単に子どもと出来る制作をお伝えしますね☆
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

元保育士が教える3歳児検診のポイント解説☆内容は?ひっかかることは?

元保育士が教える3歳児検診のポイント解説☆内容は?ひっかかることは?

乳幼児健診は3ヶ月検診や5歳児検診などいろいろな時期に実施されています。1歳6か月検診と3歳児検診は母子保健法で決められており、各自治体で行われています。3歳児検診は保護者への問診や身体測定、診察などがあります。問診や診察の内容や尿検査や視力検査のポイントなどを詳しく紹介し、3歳児検診でひっかかる子への対応などを解説します。
niko | 22,310 view
連載(第5回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

連載(第5回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

お子さまの将来を考えて、ピアノやスポーツ、そろばん、習字などいろいろな習い事をさせているママやパパも多いですよね?今回は「アタマがよくなる!メカジキのソテー献立」をご紹介します。食べ物からもお子さまの将来をサポートしていきませんか?待望のはぐこむ食育記事第5弾をお届けします。
連載(第4回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

連載(第4回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

子どものころ、好きな食べ物はなぁに?と聞かれて「ハンバーグ!カレーライス!から揚げ!」と答えていた中にミートスパゲッティも入っていませんでしたか?今回は連載第4弾!ママにも嬉しい、簡単!めちゃうま★ミートソース献立のご紹介です。子どもたちの笑顔を想いながらからだにもやさしいミートスパゲッティ、作りませんか?
☆ママ必見☆子どもと手作りクリスマスツリーを作ろう♪

☆ママ必見☆子どもと手作りクリスマスツリーを作ろう♪

11月も半ばになると、どこへ行ってもクリスマスモード☆しかし……!家に大きなクリスマスツリーを飾るとなると、場所的にも厳しいし、値段も意外と高い!そこで、元幼稚園教諭が、 お子さんと楽しくクリスマスツリーを手作りする方法を伝授します♪
Michiru | 1,065 view
片付けはさせることではない?子どもが「おかたづけ」をするようになるコツとは

片付けはさせることではない?子どもが「おかたづけ」をするようになるコツとは

子どもがおもちゃを片付けない!散らかしっぱなし!どうすれば片付けをするようになるんだろう? そうやって悩んでいるママやパパも多いのではないでしょうか。
Keigo_F | 701 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Michiru Michiru