2017年7月5日 更新

雨の日もへっちゃら!子どもとの家遊び紹介♪

428 view お気に入り 0
雨の日は子どもと家でこもりがち…。あるあるパターンですよね。テレビばかりに頼ることも出来ないし、子ども達は、大好きな外で遊べず不満爆発!
そんな悩みを元幼稚園教諭が解決致します☆雨の日だって、お家で楽しく出来る家遊びがあるのですよ♪

早速、簡単な材料で出来る家遊びから紹介していきますね☆

雨の日家遊び☆1【小麦粘土】

小麦粘土って、聞いたことありますか?粘土なら小さい頃使ったけど…と言う人も多いはず!でも、幼稚園や小学校でよく使われているのは“油粘土”というまた別物。一言で言えば、衛生的で固まらずに繰り返し遊べる粘土です。
一方、“小麦粘土”とは、名前の通り小麦粉から出来ている粘土のことです☆柔らかく、食物から出来ているので、小さい子も安心して使える粘土なのですよ♪永久的に保存は難しいですが、冷蔵庫での保存なども可!
私も雨の日の家遊びでは、子どもとしょっちゅう遊んでいます。
 (1260)

家遊び【小麦粘土】の作り方!

この小麦粘土のオススメは、なんと言っても、家にある材料で出来ること!
簡単で保存も出来るので、我が家では雨の日の定番家遊びとなっています♪
是非遊んで欲しいので、先に材料から紹介しますね☆

【材料】
・小麦粉:100g
・水:約30cc位
(小麦粉と水は3:1の割合だと作りやすいと言われています。子どもの年齢に合わせて、水を調節し、柔らかめなどにも変更可)
・サラダ油:少々
・塩:少々

以上です!!!
「えっ?これで粘土になるの?」と驚かれる方も多いかと思いますが、何とビックリ柔かい真っ白な粘土になるのです♪
サラダ油は、粘土の質を滑らかにし、塩はカビなどから、強くします。
上にも書いたよう、水の加減によって、柔らかさが決まるので、調節はママがしてあげてくださいね♪

また、小麦粘土は1つだけ注意が。
小麦アレルギーのお子さんは、小麦粉から作っていますので、重篤な症状が出る危険性があります。アレルギーには口に入れなくても、触れるだけでも症状が出る場合がありますので、あえて小麦粘土を使用することはオススメしません。

家遊び【小麦粘土】の遊び方☆

小麦粘土は、全て食べられる食材から作っていますが、食用ではありません。何でも口に入れる時期(1歳過ぎ)を終えてからをオススメしています!
我が娘も1歳で与えた時は、大した反応も示さずでしたが、1歳半を超えた辺りから、急に興味を示し、1時間ぐらいは、遊べるようになりましたよ♪

【1歳〜2歳】
この頃は、ママがリードして一緒に遊ぶイメージです。我が子は女の子なので、伸ばして、ネックレスにしてあげると喜びます☆
2歳を過ぎると、型抜きなどでクッキーのように型をとって遊ぶのも楽しいですよ!

【2歳〜3歳】
個人差はありますが、自分の作りたい物を少しずつイメージしながら作れるように♪ウサギの顔とか本当に簡単な物ですけどね。最初は形を作ってあげて、子どもと一緒に目や口をつけたりするのも◎。
粘土ベラを購入すると、粘土を細かく刻んだりして、ままごともできます!

【3歳〜 6歳】
立体的な作品が作れるようになります。男の子だったら、パーツを組み合わせて車とかロボットとか☆
約束も守れる年齢ですので、食紅などで色をつけてあげると、更に遊びの幅も広がりますよ♪この年齢ならば、食べる心配もないので、絵の具で色をつけるのも☆

家遊び【小麦粘土】の保存の仕方

小麦粘土は、そのままにしておくと保存料なども入っていないので、乾燥してすぐ固くなってしまいます。

その為、サランラップ等で粘土を包んだ後、ジップロックや保存容器に入れて、冷蔵庫での保存をオススメします。
塩が入っているので、衛生的にもカビにも少し強くなっていますが、それでも目安は1週間程度小。ニオイが出て来たりしたら、子どもが遊ぶものなので迷わず処分を!
雨の日は、大抵続けて来るので、1回作ると、しばらく子どもと遊べますよ☆

雨の日家遊び☆2【新聞紙遊び】

 (1261)

新聞紙と言ったら雨の日の家遊びのド定番!
しかし、どんな遊びがあるのと入れると、悩んでしまう方も多いのではないのでしょうか。そこで、雨の日に何種類でも遊べるよう、新聞紙を使った遊びをいくつか紹介します!

ちなみに…!
うちは新聞購読していないから…という人もご安心を☆実は我が家も新聞とっていません。
コンビニや役所に置いてある区報などでいつも遊んでいます♪または、ポストに入ってくるチラシやスーパーで貰えるチラシ。捨てずに取っておくと雨の日の家遊びでは重宝しますよ!

家遊び【新聞紙遊び★1】

雨の日、とにかく子どもは家の中にいるだけでグズグズ…。そんな子どもの気持ちをまずは発散してあげましょう!

1番簡単な新聞紙遊び『新聞ビリビリ』
その名の通り、新聞紙をビリビリ破くだけなので、娘も1歳過ぎからよく遊んでいます☆
これがまた、大人のストレス発散にも持ってこいです!ひたすら破る爽快感☆

でも片付け大変じゃない…?
そこで!片付けも遊びにしてしまうのです♪大きめの袋を用意して、「よーいドン」で袋の中に新聞紙をひたすら集めるのです!
競争心が芽生えてくる4.5歳ぐらいだとママと競争にすることで、更にスピードアップします。
新聞紙が集まった袋は、顔を書いて、てるてる坊主にしたり、輪ゴムをつけて新聞紙ボールにすると、その後も継続して遊べます☆
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

元保育士が教える3歳児検診のポイント解説☆内容は?ひっかかることは?

元保育士が教える3歳児検診のポイント解説☆内容は?ひっかかることは?

乳幼児健診は3ヶ月検診や5歳児検診などいろいろな時期に実施されています。1歳6か月検診と3歳児検診は母子保健法で決められており、各自治体で行われています。3歳児検診は保護者への問診や身体測定、診察などがあります。問診や診察の内容や尿検査や視力検査のポイントなどを詳しく紹介し、3歳児検診でひっかかる子への対応などを解説します。
niko | 16,297 view
連載(第5回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

連載(第5回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

お子さまの将来を考えて、ピアノやスポーツ、そろばん、習字などいろいろな習い事をさせているママやパパも多いですよね?今回は「アタマがよくなる!メカジキのソテー献立」をご紹介します。食べ物からもお子さまの将来をサポートしていきませんか?待望のはぐこむ食育記事第5弾をお届けします。
連載(第4回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

連載(第4回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

子どものころ、好きな食べ物はなぁに?と聞かれて「ハンバーグ!カレーライス!から揚げ!」と答えていた中にミートスパゲッティも入っていませんでしたか?今回は連載第4弾!ママにも嬉しい、簡単!めちゃうま★ミートソース献立のご紹介です。子どもたちの笑顔を想いながらからだにもやさしいミートスパゲッティ、作りませんか?
☆ママ必見☆子どもと手作りクリスマスツリーを作ろう♪

☆ママ必見☆子どもと手作りクリスマスツリーを作ろう♪

11月も半ばになると、どこへ行ってもクリスマスモード☆しかし……!家に大きなクリスマスツリーを飾るとなると、場所的にも厳しいし、値段も意外と高い!そこで、元幼稚園教諭が、 お子さんと楽しくクリスマスツリーを手作りする方法を伝授します♪
Michiru | 554 view
片付けはさせることではない?子どもが「おかたづけ」をするようになるコツとは

片付けはさせることではない?子どもが「おかたづけ」をするようになるコツとは

子どもがおもちゃを片付けない!散らかしっぱなし!どうすれば片付けをするようになるんだろう? そうやって悩んでいるママやパパも多いのではないでしょうか。
Keigo_F | 608 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Michiru Michiru