2017年12月14日 更新

連載(第8回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 | 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

74 view お気に入り 0
はぐこむの食育12月の第3回目は、アタマも身体も強い子に育つ、さばのアーモンド揚げ献立をご紹介します☆12月にもなると、来年はどんな年になるのかなぁ……なんて考えることも増えてくるのではないでしょうか♪日ごとに成長していく我が子を見ながら、1年を振り返るのも幸せいっぱいで良いですよね。

今回は来年も「強く明るく元気に育ってほしい」、そんなママやパパの願いを込めて「さば」や「にんじん」、「ブロッコリー」などアタマにも身体にも良い食材を選びました!

12月の食育 第3回「アタマも身体も強い子になる、さばのアーモンド揚げ献立」

さばの臭みが気になるというお子さまにも、カレー粉で味を付けることで食べやすくアレンジ!にんじんやブロッコリー、ミニトマトも使って目からも楽しめるように、色鮮やかな献立に仕上げました。

まずは今回の栄養アドバイスから一緒に見ていきましょう☆

アタマも身体も強い子になる、さばのアーモンド揚げ献立 | 献立の栄養アドバイス

さばはDHA、EPAが豊富で脳の働きを活性化してくれるので、成長期の子どもにぜひ食べさせたい食材です。えのきは食物繊維、ブロッコリー、ミニトマトはビタミンCやβカロテン、にんじんもβカロテンが豊富で、免疫アップや風邪予防に効果的。カロテンの吸収をアップさせるために、バターで煮ています。
 (7325)

●主菜●さばのカレーアーモンド揚げ

 (7353)

さばの臭みはカレー味で軽減させて、衣にはアーモンドを使っています。一見すると「これは何の料理だろう?」と思うかもしれません。しかし、一度ほお張ればカレー粉の香ばしい香りとさばの美味しい脂で、口の中がいっぱいに。
簡単に作れますので、ママの得意料理になるかも♪

*材料(幼児1人分)*

さば…50g
塩…少々
★小麦粉…小さじ1
★水…小さじ1
★カレー粉…小さじ1/6(0。3g)
アーモンドスライス…10g
揚げ油…適量
サラダ菜…少々

*作り方*

  1. さばは半分にそぎ切りにし、塩を振る。ボウルに(★)を合わせ、さばをからめてアーモンドスライスをまぶす。
  2. 鍋に揚げ油を中温に熱し、1を入れる。全体がきつね色になり、火が通るまで2分ほど揚げる。サラダ菜と一緒に器に盛り付ける。

●副菜1●ブロッコリーとミニトマトのカッテージチーズ和え

 (7354)

46 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

連載(第7回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

連載(第7回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

はぐこむの食育第7弾は、イベントの多い12月にぴったりなかわいらしい猫にゃんおにぎりと鮭コロッケ献立!食卓が盛り上がること間違いなしのレシピをご紹介します。また見た目だけでなく、しっかりと栄養バランスも考えられていますので、安心してご家庭で作ってみてくださいね☆!
連載(第10回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 | 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

連載(第10回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 | 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

はぐこむの食育第10弾は、「顔おにぎりぱっくん!ピカタ献立」をご紹介します!大晦日、お正月とまだまだ大忙しな年末年始。2018年に向けて、カルシウムたっぷりの強いからだを作るやさしいごはんを一緒に作りませんか?
連載(第9回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 | 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

連載(第9回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 | 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

メリークリスマス★今年のクリスマスはどんなクリスマスにしますか?はぐこむの食育第9弾は、クリスマスの季節にぴったりな「ツリー★と雪だるまのクリスマス献立」をご紹介します!サンタさんからプレゼントをもらったお子さまに、お料理でもうひとつプレゼントをしませんか?
連載(第6回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

連載(第6回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

はぐこむの食育第6弾は、おいしい煮汁を吸収してうま味を凝縮してくれる食材、高野豆腐!「やさしいごはんで強いからだ」のテーマにぴったりなバランス良く栄養素が摂れる高野豆腐の肉詰め献立をご紹介します☆
連載(第5回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

連載(第5回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

お子さまの将来を考えて、ピアノやスポーツ、そろばん、習字などいろいろな習い事をさせているママやパパも多いですよね?今回は「アタマがよくなる!メカジキのソテー献立」をご紹介します。食べ物からもお子さまの将来をサポートしていきませんか?待望のはぐこむ食育記事第5弾をお届けします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hag.com【はぐこむ】編集部 hag.com【はぐこむ】編集部