2017年6月25日 更新

楽しさも心配ゴトも…【離乳食初期】を迎えるママに知って欲しい4つの心構え

154 view お気に入り 0
離乳食の初期を迎えるママは、赤ちゃんの成長を実感する反面「ちゃんと食べてくれるかな…」「離乳食作り私には出来るかな…」と楽しみよりも、心配や不安の方が大きいもの。

これまで母乳やミルクだけで過ごして来た赤ちゃんです。赤ちゃんが、初めて口にする母乳やミルク以外のものに敏感になってしまうのは、赤ちゃんのことを思うママなら当然です。

でも、離乳食の期間は赤ちゃんの人生にとってほんの数ヶ月。離乳食初期の頃の思い出を楽しかった思い出として振り返ることが出来るように…。
今回は、離乳食の初期を迎えるママに知っておいて欲しい4つ心構えをご紹介します。

離乳食の初期を迎える前の心構え1・育児書はあくまでも参考程度に

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstock (812)

育児をはじめて数ヶ月…。離乳食の初期に入るこの時期を目前にして、改めて育児書との向き合い方について考えてみましょう。そろそろお気づきですよね、必ずしも育児書通りに子育ては進まないことを…。

育児書はアドバイス程度に受け止める

初めての育児のときには、育児書や色んな人のアドバイスを参考にしているママも多いと思います。でも、くれぐれも忘れないで欲しいんです。基本は、赤ちゃんの様子とママが思うペースで進めても良いものだということを。育児書はあくまでも「アドバイス」程度に受け止め「育児書に書いている通りに進まなくても当然」くらい気軽に受け止めましょう。

離乳食は赤ちゃんのペースをママが受け入れることが大切

育児書通りにいかないのは、離乳食の初期にもいえることです。

私の友人の赤ちゃんは離乳食の初期の頃から、なぜか10倍粥しか食べない子でした。彼女は、他に何も食べようとしない赤ちゃんの扱いに戸惑い、育児書や人のアドバイスすらもプレッシャーに感じ相当ストレスを抱え込んでいました。
でもある日、あまりにも進まない離乳食に開き直り、唯一食べる10倍粥と母乳+ミルクで過ごすと決めたんです。8ヶ月まで続いた後、離乳食の初期に悩んでいたことがウソのように、離乳食を食べてくれるようになり、あっという間に幼児食へ。もちろん、その赤ちゃんは今元気いっぱいで幼稚園に通っており、体調は全く問題ありません。

【育児書通り】【ママの思い通り】になんて子育ては進みません。それは離乳食に関しても同じ。

離乳食の初期を迎えるにあたりママに知っていて欲しいのは、「作り方」「進めるペース」などのハウツーも大切です。でもそれ以前に「焦らず」「気長に」「ゆっくり」を心掛けながら、ママだからわかる赤ちゃんのペースを受け入れてあげることがとっても大切なんですよ!

離乳食の初期を迎える前の心構え2・離乳食の今と昔は違うもの

 (813)

両家にとって初孫だった我が家の長男。初孫フィーバーが収まらない中迎えた離乳食の初期でした。それはそれは、両家の母から何かと口出しをされていたんです。しかし驚く程、今と昔とでは離乳食の常識が違っていました。

これから離乳食の初期を迎えるママさんも、私と同じように周囲の良かれと思うアドバイスに翻弄されてしまうこともあるかもしれません。

だから改めて、私がその時に知った今と昔の離乳食の初期に関する常識の違いをご紹介します。

おばあちゃん!今は離乳食初期を迎えるポイントはここなんです!

昔の育児では、離乳食の初期は生後5ヶ月くらいが妥当だといわれていました。なぜなら、当時母乳は出産してから6ヶ月を過ぎると栄養価が下がると考えられていたからです。

しかし、今となっては出産後5ヶ月を過ぎても栄養価はそれほど下がらない(鉄分は減少するそうです)と言われていて、5ヶ月になったからといってマニュアル的にはじめる必要はありません。

離乳食をはじめらる目安としては、5ヶ月〜6ヶ月頃と提唱されているのはそんなに変わりません。ただし、以下の4つの様子が見受けられたら「そろそろ…」と思っても良い程度だと思っておいてください。

・スプーンを口に当てても嫌がらない
・大人が食べている姿に興味を示す
・生活リズムが整って来た(授乳回数など)
・腰が座っている(支えがあれば一人で座れる)

これらの様子が見受けられない場合は、生後5ヶ月を過ぎたからといって、離乳食はまだはじめなくても大丈夫ですよ。

生後5ヶ月の赤ちゃんといえば、まだまだ内蔵機能が発達していない時期です。赤ちゃんのペースと様子を観察しながらベストな時期を気長に待ってあげてください。

大人が口にしたものを赤ちゃんに与えないで!

昔、離乳食の初期には大人が租借し柔らかくしたものを、赤ちゃんに与えていたそうです!

当然、現在では大人が租借したものを与えることは御法度です。

なぜなら、大人の口の中は虫歯菌や歯周病菌などあらゆる菌を持ってしまっています。そのため、租借したものを赤ちゃんに与えてしまうと、それらの菌を赤ちゃんに感染させてしまう恐れがあるからなんです。むしろ、租借どころか大人が使った箸すらも赤ちゃんには使ってはいけません。

ちなみに、大人の箸を使って子供に食べさせて良いのは、口内環境が整う3歳頃からといわれています。

昔の育児をしていた人にその話しをすると「大丈夫!虫歯無いから♪」と気軽に言われてしまうこともあるかもしれませんが(うちがそうでした…)、虫歯は無くても虫歯菌はあるといわれています。そこは赤ちゃんの口内環境を守るためにも毅然と断りましょう。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

元保育士が離乳食初期を徹底解説☆いつから?レシピは?これさえ見れば大丈夫☆

元保育士が離乳食初期を徹底解説☆いつから?レシピは?これさえ見れば大丈夫☆

初めての離乳食。いざスタートしようと思っても、いつからなにを始めればいいのか離乳食の進め方について悩んでいるママ必見! 最近、離乳食を終えたばかりの子を持つ&保育士資格所有の筆者がお伝えします! 離乳食の初期について、進め方や基本となる離乳食レシピなど徹底解説!
先輩ママが厳選!本当に使える離乳食便利グッズ8選☆

先輩ママが厳選!本当に使える離乳食便利グッズ8選☆

赤ちゃんが産まれたら、離乳食は1からちゃんと作って食育しなきゃ♪と思っていましたが…。実際は育児に追われ、夜な夜な離乳食のストックを作ったことも…。そこで、離乳食を終えた娘を持つ筆者が、実際に使って良かった離乳食便利グッズを月例別に紹介します☆
Michiru | 2,462 view
今時のお祝いハーフバースデー☆オススメ離乳食や飾り付け♪

今時のお祝いハーフバースデー☆オススメ離乳食や飾り付け♪

子育てママのSNSで度々見かけるハーフバースデー。最初は「えっ?誕生日でもないのに?」と思いました。しかし、行って大正解◎筆者が経験したハーフバースデーの体験談やオススメの飾り付け、離乳食などを紹介します☆
Michiru | 285 view
離乳食から食べる意欲を育てる!元保育士おすすめのレシピと援助法☆

離乳食から食べる意欲を育てる!元保育士おすすめのレシピと援助法☆

離乳食の初期、中期と進んで総仕上げとなる離乳食後期。この時期に食べる離乳食は子どもの食べる力を育てるポイントが盛りだくさん!手づかみ食べにピッタリの離乳食レシピや最適な援助法を元保育士がお伝えします。
初めての離乳食食器、それじゃ失敗しない?離乳食食器徹底解説☆

初めての離乳食食器、それじゃ失敗しない?離乳食食器徹底解説☆

離乳食が始まる生後5.6ヶ月。離乳食食器って専用のものが必要なの⁈と迷っている方必見! 最近、離乳食を終えたばかりの子を持つ筆者が、徹底的に調べた結果をここで伝授します♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

akikoh akikoh