2018年1月29日 更新

連載(第1回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

176 view お気に入り 0
小さなお子さんがいるご家庭では、「子どもが大きく健康に育ってほしい」という願いを込めて食事に気を使っているご家庭も多いのではないでしょうか。

今回11月からはぐこむでは「やさしいごはんで強いからだ」をテーマにした食育レシピをご紹介していきます☆
第1弾は子どもから大人まで、みんなが大好きなカレーの食育レシピを取り上げていきます。 ぜひ皆さんのご家庭でもお試しください。

11月の食育 第1回「子どもが喜ぶ★カレー献立」

すっかり秋ですね。紅葉のもと、お子さんと落ち葉を拾ったり、木の実を見つけたりしていますか?保育園の送り迎えのときは、そんなお散歩のチャンスですね。
時間がなくても、秋の空を見上げてみましょう。お子さんとほっこり気分で秋色の美しさを愛でるチャンス。朝晩の冷え込みはさらに厳しくなり、インフルエンザやノロウィルスの流行も運んできます。食べることで、強い免疫力のあるからだを育てて、風邪菌に負けないようにしましょう。健康なからだで冬の寒さに備える月でもあります。

子どもが喜ぶ★カレー献立 | 栄養アドバイス

カレーは免疫力を高めてくれるビタミンA(β-カロテン)の宝庫であるにんじんや、ビタミンCたっぷりのエネルギー源であるじゃがいもをたくさん摂れて、カレー粉効果でからだがホクホク温まります。市販のルーは使いません。定番レシピなので、じゃがいもがおいしい秋から冬には積極的に食べさせてあげたいですよね。

細胞の酸化を防ぐ、カリフラワーは加熱しても壊れにくいビタミンCが豊富で、サラダで食べるのにぴったり。免疫を上げるので風邪予防に効果的です。りんごに含まれるリンゴ酸やクエン酸は疲労回復効果があり、食物繊維も豊富。食物繊維は皮や皮に近い部分に豊富なので、皮ごと食べるのがおすすめです。
また、ごぼうやれんこんといった根菜類は食物繊維が豊富で、腸をきれいにしてくれます。独特の風味は、子どもが大好きなトマト味にすると食べやすくなります。
 (6190)

●主食・主菜●カレーライス

 (6690)

カレーの苦味、辛味を感じさせないようにカレー粉は少なめに配分してあります。
にんじんの甘みや食感、じゃがいももホロホロしていてとってもカレーです☆

*材料(幼児1人分)*

豚肉切り落とし…30g
じゃがいも…10g
にんじん…10g
玉ねぎ…10g
(A)サラダ油…小さじ1/2
(A)バター…3g
小麦粉…小さじ2
水…3/4カップ
(B)リンゴすりおろし…大さじ1/2
(B)カレー粉(パウダー)…小さじ1/6(0.3g)
(B)ケチャップ…小さじ1/4
(B)しょうゆ…小さじ1/4
(B)洋風スープの素…小さじ1/6
塩…少々
ご飯…120g
パセリ…少々

*作り方*

  1. 豚肉はひと口大に切る。じゃがいもは小さく切る。にんじんは5mm厚さの輪切りにして花型で抜く。玉ねぎは薄切りにして長さを半分にする。じゃがいも、にんじんは電子レンジ(600W)で30〜40秒加熱する。

  2. 鍋に(A)を熱し、バターが溶けてきたら小麦粉を振り入れて炒める。茶色く色づいたら水を少しずつ加えて溶きのばし、とろみが出るまで2〜3分煮る。

  3. フライパンに油少々(分量外)を熱して豚肉、玉ねぎを炒める。色が変わったら2の鍋に入れる。じゃがいも、にんじん、(B)も加えてフタをし、2〜3分煮込み、味をみて塩で味をととのえる。皿にご飯をのせてパセリを振り、カレーをかける。

●副菜●カリフラワーとりんごのサラダ

35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

連載(第10回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 | 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

連載(第10回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 | 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

はぐこむの食育第10弾は、「顔おにぎりぱっくん!ピカタ献立」をご紹介します!大晦日、お正月とまだまだ大忙しな年末年始。2018年に向けて、カルシウムたっぷりの強いからだを作るやさしいごはんを一緒に作りませんか?
連載(第9回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 | 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

連載(第9回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 | 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

メリークリスマス★今年のクリスマスはどんなクリスマスにしますか?はぐこむの食育第9弾は、クリスマスの季節にぴったりな「ツリー★と雪だるまのクリスマス献立」をご紹介します!サンタさんからプレゼントをもらったお子さまに、お料理でもうひとつプレゼントをしませんか?
連載(第8回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 | 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

連載(第8回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 | 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

はぐこむの食育第8弾は、アタマにも身体にも良い青魚「さば」をメインにした献立をご紹介★カレー粉を少し振って子どもの大好きなカレー味にすれば、パクパクとはしが止まらないかも♪他にもえのきやブロッコリー、にんじんと食物繊維やビタミンC、βカロテンが豊富な食材で副菜を彩りました。ぜひ2017年の年の瀬に試してほしいレシピです☆
連載(第7回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

連載(第7回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

はぐこむの食育第7弾は、イベントの多い12月にぴったりなかわいらしい猫にゃんおにぎりと鮭コロッケ献立!食卓が盛り上がること間違いなしのレシピをご紹介します。また見た目だけでなく、しっかりと栄養バランスも考えられていますので、安心してご家庭で作ってみてくださいね☆!
連載(第6回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

連載(第6回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

はぐこむの食育第6弾は、おいしい煮汁を吸収してうま味を凝縮してくれる食材、高野豆腐!「やさしいごはんで強いからだ」のテーマにぴったりなバランス良く栄養素が摂れる高野豆腐の肉詰め献立をご紹介します☆

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hag.com【はぐこむ】編集部 hag.com【はぐこむ】編集部