2017年7月16日 更新

育児日記の書き方。楽しく続けられるコツとは?

852 view お気に入り 1
ママ1年生の皆さんにとって初めての育児は、数時間おきの授乳や離乳食、おむつ替えや着替えなど時間に追われ疲労困憊!でも子どものふとした仕草や笑顔に、癒されるひと時もあると思います。今しかない子どもの成長記録―育児日記を残したい!というママもいるのではないでしょうか?でもどうやって育児記録を残したらいいのでしょうか?ノート、ブログ、インスタグラム…デジカメ、スマホ、写真屋さん…など、子どもの成長を残す方法はたくさんあると思います。ママが得意とする方法で残すのが一番良いと思いますが、せっかくの育児日記。楽しく書いたり読んだりするコツを、元保育士で今は悩めるお母さんたちの相談に乗る、精神保健福祉士の私がお伝えします。
 (2062)

保育園の連絡ノートもひとつの育児日記☆

育児日記、「興味はあるけど時間がどうしても取れない!」「三日坊主で終わっちゃう!」という方にまずお伝えしたいのが保育園の連絡ノートをもっとたのしむということ。
この連絡ノート、実はこれがなかなか優れモノ。子どもが何かできる度に「○○ちゃん、1人でトイレに行くことができました」「初めて歩きました」「逆上がりができるようになりました」と、保育士より事細かな記録が書かれます。
ノートを1か月、1年後、卒園後も何かある度に読み返すことで「あの時は大変だったけど○○だったな」とまるで昨日の事のように思い返すことができます。

連絡ノートの実際

フルタイムやパート、子育て中のママにとってノートを書くことは「毎日のことで何を書いて良いか分からない」「書くのが苦痛」と思う日もあるでしょう。
保育士としてママのコメントが何もない日は「ああ、ママ忙しかったのね」「昨日体調が優れないと言われていたから書くこともできなかったのね」と理解しています。
という方もいれば毎日コメント欄にたくさんの子どもの発見をノートに綴るママもいて、「今日はどんな出来事があったのだろう」とノートを読むことが楽しみにする時もあります。
毎日のやり取りや積み重ねが1年積み重なり、3月になると1年間の総括として子どもの成長や、保育士からのメッセージを添え、思い出ノートとして渡していました。

連絡ノート~その後~

卒園し数年が経った頃。近所のスーパーでばったりママや成長した子ども達と会う機会があります。
「あの時のノートは宝物です」「自分自身子育てに自信がなかった、一生懸命だった時に励まされた」とお話いただくことも多々あります。
小さい子どもを抱えて大変だった頃を思い出す…。ママにとってノートは育児日記の原点でもあり、ママが一生懸命頑張っていた証なのでいつまでも心に残るのでしょう。
さらに卒園して10数年後。今度は子ども達がノートを読んで保育士に憧れ、保育科に入学した子どもや、本当に保育士になった子どももいます。
日々の成長をやり取りしたノートは、子どもの成長記録だけではなく、ママにとっても大事な「成長記録」になっているのだと思います。
 (2063)

育児日記のいろいろをハウツー!

ここからは実際に育児日記について、育児ブログやアプリ、手書きノートなどをあげながらご紹介していきます。

フォロワー20万人超え!単行本にもなったブログ

今も保育園には連絡ノートがありますが、やはりママ達の間で育児日記の主流になっているのがフェイスブックやインスタグラムといったSNSではないでしょうか。芸能人のSNSでも、ママタレントが日々の料理や子ども達の成長をブログで綴っているのをよく目にします。
さらに、一般主婦の育児ブログがフォロワー20万人超えの人気となり、単行本まで出された横峰沙弥香さんの「まめ日記」。
その「まめ日記」では、育児の大変さをコミカルにイラストと文章で表現してあるリアルさが大きな反響を呼んでいます。育児は決して楽しいことばかりではなく、常に寝不足だったり子どもが泣いてばかりでイライラ。時には急な発熱で病院に駆け込んだり、夜は夜で授乳に起こされているのに、横で何食わぬ顔で寝ている旦那を見て恨めしく思ったり。
経験したことのあるママならわかる「あるある」が満載となっています。そんなリアルな内容が「子育ての辛さは私だけじゃないんだ」という安心感やつながりが持てるのが、SNSの良さだと思います。
(参考URL:https://woman.excite.co.jp/article/beauty/rd­ )

リアルタイムな成長記録!保育園の人気ブログ

また最近はママ達だけでなく、保育園で積極的にブログを更新している所もあります。
保育園ブログランキング1位。浜松市南区にある「平和こども園」は、日々の保育の様子を写真でブログに綴ってあり、子どもが保育園で何をして過ごしていたのかすぐ分かるようになっています。
平和こども園のブログは写真が主となっているので、親子で見て楽しむのも家族の大切なひと時になります。
また、子どもが写っている写真をコピーして自宅のパソコンやスマホに保管しておけば、思い出の成長記録となるでしょう。
(参考URL:https://www.hhg-heiwa.jp/ )
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hag.com【はぐこむ】編集部 hag.com【はぐこむ】編集部