2017年7月14日 更新

赤ちゃんの写真を撮りたい☆ママのおすすめ撮影法ベスト5

310 view お気に入り 0
笑った顔、泣いた顔、おすましの顔、赤ちゃんの愛らしい表情や仕草を全て写真で残しておきたいと感じる方も多いのではないでしょうか?しかし、いざ写真を撮るとなると横を向いてしまったり、動いてしまったりとなかなか上手に撮れないことも…。今回は元保育士として、また現役ママとして経験してきた、撮影に役立つアイテムや方法をご紹介します。

1.写真撮影の必須アイテム!音の出るおもちゃ

まずは、赤ちゃんが大好きな音の出るアイテムを使ってみましょう。タンバリンや鈴の様な楽器から、ガラガラや手作りの玩具まで音の出る物なら何でも大丈夫!最近では、赤ちゃんの為のガラガラアプリ等、スマホのアプリにも音の出るおもちゃの機能を備えたサービスもあります。手元に楽器やおもちゃがない時には、アプリのサービスを使用しても良いですね。

カメラの近くで音を鳴らせば、赤ちゃんは興味を引き付けられてカメラの方を向いてくれます。記念撮影や集合写真の時には特に役立ちますよ。何度も同じ音の物を使っていると赤ちゃんが飽きてしまいますので、バリエーションを変えて使うと効果的です。
Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstock (1502)

赤ちゃんに人気の手作りおもちゃをご紹介

音の出る手作りおもちゃは簡単な物で十分です。例えば、ペットボトルの中にビーズを入れて蓋の部分をビニールテープで巻けば手作りおもちゃの出来上がり!音に加えてビーズがキラキラと光る様子にも目を奪われ、赤ちゃんがカメラに目線を向けてくれること間違いなしです。
赤ちゃんが手に持った時にビーズが中から出てしまうと誤飲の危険がありますので、必ず蓋と本体をしっかりと留めてくださいね。

2.「いないいないばあ」で赤ちゃんの笑顔を引き出そう

赤ちゃんが大好きな「いないいないばあ」。大好きなお父さんやお母さんの顔が隠れている状態から現れるという嬉しさに、まだ首が座っていない2、3カ月の赤ちゃんでも笑顔を見せてくれることの多い遊びです。赤ちゃんが初めに覚える遊びとも言えますね。
「ばあ」と顔を出した時には、必ず笑顔で。時にはおどけた顔もしてあげれば赤ちゃんは大喜びです。
写真を撮る時にはカメラを構えている人と、「いないいないばあ」をする人、2人で撮れるとベストです。しかし、赤ちゃんと1対1で写真を撮る場合には、カメラに顔を隠して「ばあ」と横から顔を出したり、タオルやティッシュで顔を隠せば片手でカメラを持っていても「いないいないばあ」ができますよ。

「いないいないばあ」を進化させてみよう

普通の「いないいないばあ」に飽きてしまった時には、ティッシュや薄い布で顔を隠して、それを「ふっ」と吹いて飛ばしてみてください。初めはビックリした顔をしますが、顔が現れる事と、飛んで行く様子が面白い様で笑ってくれる赤ちゃんが多いですよ。また、頭の上に布を乗せて、「おっとっと」と言いながら頭を動かして布を落とすと、笑ってくれることも。おどけた様子が面白い様で、1歳を過ぎて少し大きくなった子ども達もよく笑ってくれるので、保育士時代によく使っていた技です。

赤ちゃんの笑顔を撮影したい時に、ぜひ試してみてくださいね。

3.赤ちゃんの普段の姿をこっそり撮影

Stock Photos, Royalty-Free Images and Vectors - Shutterstock (1960)

赤ちゃんがカメラの方を向いていない写真も実は貴重です。自分で手を動かしながらじっと見つめている姿や座って黙々と遊んでいる姿、泣いている写真も後になって見返すと可愛い一場面です。泣いているとついつい焦ってしまいますが、1枚くらいは撮っておくことをおすすめします。
赤ちゃんが気付いてしまうと遊びを止めてしまったり、抱っこを求めて写真撮影終了となってしまいますので、集中している時にこっそり撮ることがポイントです。

また、歩き始めや寝返りをした瞬間、ハイハイをしている様子など、成長の記録としても役立ちます。そんな時には赤ちゃんに話しかけたり、声を出して集中力を切らすことのない様に素早くシャッターを押しましょう。喜んで大きな声を出してしまうと、赤ちゃんが驚いて尻もちをついたり寝返りを止めてしまうこともあります。そろそろ歩きそう、寝返りをしそうという時には、いつでも撮影ができる様にカメラを手元に置いておくと良いですね。

後でアルバムとして残した写真を見た時にその時の遊びや姿が思い出せる様に、赤ちゃんの顔だけではなく全身を、使っている玩具や周りの様子も一緒に撮影することをおすすめします。

4.お昼寝アートに挑戦!

身の周りの物で手作りをして床に背景を作り、赤ちゃんの衣装と合わせながらお昼寝をしている姿をアートとして作り上げるお昼寝アート。赤ちゃんの可愛らしい寝顔を時別な1枚として残せるので、お母さん達に人気ですよね。ここでお昼寝アートのポイントをいくつかお伝えしますね。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

赤ちゃんのデリケートな肌を守るために知っておきたいこと

赤ちゃんのデリケートな肌を守るために知っておきたいこと

赤ちゃんはの肌はとってもデリケート。ですが自分で肌のケアができません。周りの大人が気を配り、こまめにケアしてあげることが必要です。そんな赤ちゃんの肌を守るために必要なことを、現役保育士がお伝えしてゆきます。
haRu | 203 view
子どもと参列する結婚式を100%楽しむためのコツ!

子どもと参列する結婚式を100%楽しむためのコツ!

結婚式に、子どもも一緒に招待してもらった!嬉しい反面、服装は?持ち物は?ご祝儀はどうすればいいの!?と、わからないことがたくさん。そんな方はぜひこれを読んで、大切な日を安心して迎えて下さいね☆
Tukimugi | 2,284 view
布おむつはかぶれない?保育士が教える布おむつの3つのメリット☆

布おむつはかぶれない?保育士が教える布おむつの3つのメリット☆

布おむつの使用を考えていないママも多いかもしれませんが、おむつカバーの性能が向上していて、布おむつは注目されつつあります。しかし、布おむつはおしりがかぶれやすいのではないかと言われることがあります。かぶれないような使い方と布おむつのメリットを乳児保育の経験が豊富な保育士が紹介いたします!
niko | 1,578 view
安全に!楽しく!赤ちゃんと仲良くお風呂に入る方法とは?

安全に!楽しく!赤ちゃんと仲良くお風呂に入る方法とは?

お風呂は赤ちゃんによって好き嫌いが分かれる事が多いと感じます。 お風呂が嫌いな赤ちゃんはずっと泣いていて、ママはお風呂の時間が憂鬱になってしまう事もるのではないでしょうか? そんなママたち必見!!赤ちゃんが楽しく機嫌よく入るための方法をお伝えします。 赤ちゃんと楽しくお風呂へ入るためには…?
mamachiki | 284 view
初めての赤ちゃんとの旅行…何を持っていけばいいの?現役ママの体験談

初めての赤ちゃんとの旅行…何を持っていけばいいの?現役ママの体験談

赤ちゃんとの初めての旅行はとても楽しみですよね。 「よしっ!旅行の準備しよう…でも本当に必要な持ち物って?」 となっているママ必見!! 赤ちゃんとの旅行で必要な持ち物がわかりますよ。 準備万端で楽しい旅行へ出発しましょう!!
mamachiki | 203 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hag.com【はぐこむ】編集部 hag.com【はぐこむ】編集部