2017年7月14日 更新

専業主婦の子育ての実態とは?実は疲れと孤独の中にあるってホント?

6,732 view お気に入り 0

専業主婦ママってどんな?

おうちで赤ちゃんのお世話をしている専業主婦ママ!
自由な時間が沢山ありそう!ドラマのようにママ友とランチ行ってるんでしょ?
そんなイメージがもしかしたらあるかもしれません。
でも!実際は違いました。
出産を機に専業主婦へと転身した私の日常も含め、専業主婦ママがどのように毎日を過ごしているのかご紹介します!
Sign in | Shutterstock (1626)

専業主婦ママ編!お家で子育て!専業主婦ママと赤ちゃんの毎日

なかなか想像できないのが専業主婦ママの日常。
働くママとは反対に毎日赤ちゃんと一時も離れることなく過ごしています。
実は自分の都合で動くことが難しく、一息する時間も場合によってはなかなか取りづらいものなのです。
活動が少なすぎると赤ちゃんはお昼寝をしなかったり、お腹が空かず食事をしっかり取れなかったりすることもあります。
赤ちゃんの姿を踏まえて、その日の予定や、タイムスケジュールは自分で決めなければなりません。

<専業主婦ママの赤ちゃん1日のスケジュール例>

6時…子ども起床
9時半…室内遊び
10時…支援センター
12時半…昼食(離乳食)
15時…起床・おやつ
16時…室内遊び
17時…散歩

実は、赤ちゃんのスケジュールだけを見てみると保育園に通っている赤ちゃんと実は大差ないのです。
しかし、ママは必ず保育士の資格を持っているわけではないので、専門知識に基づいて保育ができるわけではありません。周りの人に聞いたり、育児書を参考にしながら毎日をすごしています。
また、家庭で子どもを見ているときには保育園などとは違い、融通が利きます。そのため、生活のリズムが崩れる日があることもあります。

専業主婦ママ編!ママはなんでもできる人?

赤ちゃんの毎日のスケジュールは保育園へ通っている赤ちゃんと大差ありませんでした。
働くママは仕事に行き、自分の与えられた仕事をこなすわけですが、専業主婦ママは、同じ時間に子どもへ遊びを提供しています。
つまり、何でもできる人!にならなくてはならないのです!

保育園に通っている赤ちゃんは専門知識を持っているプロの下、沢山の遊びや経験を通してくたくたになるまで遊んできます。
それと同じように、専業主婦ママはさまざまな市町村の活動に連れ出したり、支援センターに行ったり、散歩に行ったりします。
働くママが外で身体と頭を使って一生懸命に仕事をしている間、専業主婦ママも身体と頭を使っているんですね。

専業主婦ママ編!ママの気持ち

 (1627)

専業主婦ママは、自分で子どもの活動を組み立てなくてはいけないという部分が、「専業主婦はママは自分の都合で動くことができる」という解釈になってしまうことがよくあります。
子どもの活動をしっかり取り入れなければ子どもは活動が足りなくてメリハリのない生活になってしまいます。
どんなに頑張っても働くママのように報酬が出ず、終わりが見えない家事育児に孤独と疲れを感じるママも多いはず。私も同じで、働くママを見て自分ができないママなのではないか?と落ち込むことがよくあります。
また、市町村によっては助産師や保健師などが相談にのってくれますが、保育園の様に身近で子どもの様子を一緒に見て理解してくれる人への相談はなかなかできるものではありません。
「これでいいのだろうか?」と孤独を感じながら子育てをする人も少なくないでしょう。
忙しさも月齢によって変化し、私自身子どもがはいはいしたり歩き出してから更に目が離せなくなり忙しくなりました。
家の中は保育室とは違うのでちょっとしたことがきっかけで大きな怪我に繋がりかねません。
毎日子どもの様子を確認しながら家事をこなすことも実はとても大変なことなのですが、「家事をすること」だけが注目され、とても楽な生活をしているように思われていることも「専業主婦ママ」と胸を張って言いづらい1つの原因なのかもしれませんね。

専業主婦ママ編!割り切り方が難しいママ友付き合い

働くママは、仕事の付き合いと割り切ることができたり、子どもの保育園のお友達でもお迎えの時間が違えば他の保護者の方に会う機会は少ないのですが、専業主婦ママにとってとても大変なお付き合いなのがママ友付き合いです。
支援センターや公園などに遊ばせに行ったとき、自分の子どもは自分で見るのが基本です。
保育士や、施設の人が常駐している場所もありますが、見守ったり少し一緒に遊んでくれる程度です。
また、ママ友は会社で出会う気の会う仲間や地元の友達とは違い、さまざまな人がいます。特に気が合ったり同じ志の元活動しているわけではないので、どこまで踏み入れるか割きりが難しく、悩みやストレスとなることも多いのです。

専業主婦ママ編!大変だけどいいことも♪

 (1628)

毎日何して遊ぼうか、今日のご飯は何にしようか。
永遠に続きそうな毎日をひたすらこなしていく専業主婦ママ。
周りと比べてしまって落ち込んでしまったり、ママ友とうまく付き合えずに疲れてしまったり、孤独を感じること沢山あります。
でも、実は疲れや孤独以上に、我が子と一緒にいられる時間はかけがえのないものなのです。
そばに居るから故に、いち早く我が子の成長に気がつくことができます。
また、赤ちゃんの時期は長くはありません。その成長著しく可愛い時期に一緒に居られたことは自分自身にとってもとても素敵な宝物になるはずです。
そして、赤ちゃんと一緒に生活することは沢山の人間力を鍛えられます。
忍耐力、体力、そして感受性も赤ちゃんと一緒に生活することで刺激されものの見方が大きく変わっていくのです。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子育てと仕事は両立できる?先輩ママがホントのトコロ教えます☆

子育てと仕事は両立できる?先輩ママがホントのトコロ教えます☆

子育てをしているワーキングママは家事が進まなくて困ったことはありませんか?仕事との両立ができない悩みは尽きないですね。元保育士の先輩ママが自身の経験からスケジュール管理やちょっとした工夫などをご紹介します。
niko | 2,521 view
子どもと参列する結婚式を100%楽しむためのコツ!

子どもと参列する結婚式を100%楽しむためのコツ!

結婚式に、子どもも一緒に招待してもらった!嬉しい反面、服装は?持ち物は?ご祝儀はどうすればいいの!?と、わからないことがたくさん。そんな方はぜひこれを読んで、大切な日を安心して迎えて下さいね☆
Tukimugi | 3,298 view
布おむつはかぶれない?保育士が教える布おむつの3つのメリット☆

布おむつはかぶれない?保育士が教える布おむつの3つのメリット☆

布おむつの使用を考えていないママも多いかもしれませんが、おむつカバーの性能が向上していて、布おむつは注目されつつあります。しかし、布おむつはおしりがかぶれやすいのではないかと言われることがあります。かぶれないような使い方と布おむつのメリットを乳児保育の経験が豊富な保育士が紹介いたします!
niko | 1,963 view
初めての赤ちゃんとの旅行…何を持っていけばいいの?現役ママの体験談

初めての赤ちゃんとの旅行…何を持っていけばいいの?現役ママの体験談

赤ちゃんとの初めての旅行はとても楽しみですよね。 「よしっ!旅行の準備しよう…でも本当に必要な持ち物って?」 となっているママ必見!! 赤ちゃんとの旅行で必要な持ち物がわかりますよ。 準備万端で楽しい旅行へ出発しましょう!!
mamachiki | 252 view
赤ちゃんの歯に大切な3つのこと☆

赤ちゃんの歯に大切な3つのこと☆

適切な赤ちゃんの歯を守る方法をご存知ですか?赤ちゃんの歯はとてもデリケートです。周りの大人が適切なケアをしてあげることが必要です。そんな大切な赤ちゃんの歯の守り方について、現役の保育士がお伝えします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

すくすく。 すくすく。