2017年6月30日 更新

保育士が教える!保育園見学マニュアル☆申し込みから服装まで!

681 view お気に入り 0
保育園を見学する際に疑問に思うことがあります。どこの保育園を見に行こうか?どうしたら見学できるのか?そもそも保育園見学は必要なの?服装は?
と考え始めたらきりがありません。
 そんな疑問に元保育士が解決していきます。保育園見学への1歩がなかなか踏み出せない方。どう行動したらいいのかわからない方。難しく考える必要はありません。
ポイントさえ押さえておけば保育園見学を楽しむことが大切です。ではさっそく保育園見学に向けての第一歩を踏み出しましょう。

保育園見学とは

保育園見学とはなんでしょうか。
保育園見学とはお言葉そのまま、入園に向けてどこの保育園に通うかを決めるために、事前に直接保育園に足を運び見学をすることです。
保育園見学では保育園の雰囲気だけでなく、保育園の先生の雰囲気、子供の様子を見ることができます。

保育園を総合的に見てみよう

そうすることでその保育園がお子さんにあっている保育園なのか?
自分の教育方針と似ている保育園か?ということがわかります。これが保育園を選ぶポイントになるのです。何より保育園見学で自分の目で確認するということがとても大切なのです。
そしてなるべく多くの保育園へ保育園見学を申し込みましょう。そうすることでいろんな保育園のいいところが見えてきますよ。また見学をした保育園をランキングにしてみることもポイントとして大切です。
なぜかというと希望の保育園へ必ず入園できるとは限らないからです。今は待機児童もとても多いです。なので認可、認可外問わずに自宅や職場から通える範囲の保育園はすべて見ておきましょう。
そうすることで入園できなかった場合にすぐ次の行動に移すことができますよ。

保育園見学はどうやって申し込むの?

保育園見学は電話で申し込むことがほとんどです。ここでポイントとして保育園見学の申し込みの電話の時間に気を付けてください。保育園はいつでも電話を出ることができるように職員室に先生や事務の人がいます。なので電話に出てもらえないということはありません。
しかし保育士の立場からみると忙しい時間帯があるのです。それは登園時間と降園時間です。この時間は保育園の人の出入りがとても多い時間です。
そのため保育園見学の申し込みの電話をする際は出来るだけ午前中の給食前の10時、11時くらいがいいです。またはお昼寝の終わる時間の午後2時くらいです。
電話をかける側としても忙しくない時間にかけることにより、保育園見学の説明を受けている際質問がしやすいなどのメリットがあります。

保育園見学はいつでもできるの?

保育園見学も園によって色々です。1年中いつでも見学できるところや、1年に1回の所もあれば、週1度、月1度など、決められた日にちがあったりします。希望の園がいくつかあり、見学会が同日!!なんてこともあります。そんな時は、パパ、ママ、祖父母様ご家族に協力してもらい、代理で園の見学に行ってもらうのも策ですね。
通わせたい保育園の見学日に関する情報を園からの指示でおさえることも重要です。
 (765)

保育園見学の前に準備しておくポイントとは

保育園見学の申し込みができたら次の準備をしましょう。この準備が保育園見学をより充実した、内容の濃い見学にします。
しかし準備といっても具体的には何をしたらいいのでしょう?と疑問に思っている方に。
私がポイントをお伝えしましょう。実際に保育園見学をしている保護者の方をみて感じたことがあります。
それを詳しく説明していきますね。

保育園見学の準備ポイントその1:聞きたい事リストを作ろう

まず準備しておいてほしいことは保育園に具体的に聞きたい事をリストアップしておくことです。
保育園見学ができる時間は決まっています。質問できる時間も限りがあります。
また見学スタイルも様々です。1対1の所もあれば、100人同時に・・・なんてことも。
聞きたい事をランキング形式にしておくといいでしょう。
保育園見学に行く保育園のホームページやパンフレットは隅々まで読んでおくことも大切です。
見学会の説明で、疑問に思っていることの説明がなされることもあります。
聞きたいことを明確にしておくことで、より良い見学ができるでしょう。

保育園見学の準備ポイントその2:聞いておくといい質問例

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

雪遊びシーズン到来!子どもの服装・持ち物全て教えます♪

雪遊びシーズン到来!子どもの服装・持ち物全て教えます♪

12月に入ると、場所によっては雪が降る場所もありますよね♪雪が降ると、大人は通勤の心配や雪かきなどで、大変なことが多いですが、子どもは朝からテンションマックス★そこで、子どもが雪遊びをする為の服装や持ち物等を紹介していきます!
Michiru | 483 view
赤ちゃんのデリケートな肌を守るために知っておきたいこと

赤ちゃんのデリケートな肌を守るために知っておきたいこと

赤ちゃんはの肌はとってもデリケート。ですが自分で肌のケアができません。周りの大人が気を配り、こまめにケアしてあげることが必要です。そんな赤ちゃんの肌を守るために必要なことを、現役保育士がお伝えしてゆきます。
haRu | 113 view
元保育士が教える3歳児検診のポイント解説☆内容は?ひっかかることは?

元保育士が教える3歳児検診のポイント解説☆内容は?ひっかかることは?

乳幼児健診は3ヶ月検診や5歳児検診などいろいろな時期に実施されています。1歳6か月検診と3歳児検診は母子保健法で決められており、各自治体で行われています。3歳児検診は保護者への問診や身体測定、診察などがあります。問診や診察の内容や尿検査や視力検査のポイントなどを詳しく紹介し、3歳児検診でひっかかる子への対応などを解説します。
niko | 11,465 view
ごっこ遊びをどんどんしよう!ごっこ遊びがもたらす効果と楽しい遊び方

ごっこ遊びをどんどんしよう!ごっこ遊びがもたらす効果と楽しい遊び方

普段何気なく遊んでいるごっこ遊びにも、発達にもたらす効果が素晴らしいことを知っていますか?どうやって一緒に遊んでいいかわからないママやパパへ☆元保育士で現役2児のママが遊び方のポイントもばっちり教えます!
nanako | 3,071 view
子どもと参列する結婚式を100%楽しむためのコツ!

子どもと参列する結婚式を100%楽しむためのコツ!

結婚式に、子どもも一緒に招待してもらった!嬉しい反面、服装は?持ち物は?ご祝儀はどうすればいいの!?と、わからないことがたくさん。そんな方はぜひこれを読んで、大切な日を安心して迎えて下さいね☆
Tukimugi | 993 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hag.com【はぐこむ】編集部 hag.com【はぐこむ】編集部