2017年12月14日 更新

元保育士が教える3歳児検診のポイント解説☆内容は?ひっかかることは?

27,806 view お気に入り 0

3歳児検診でひっかかった人はどうなるの?

3歳児検診の後に気になることはひっかかるとどうなるのか?ということでしょう。
3歳児検診の問診や診断で異常などがわかった場合はさらに詳しく調べることがあります。別の医療機関を受診して詳しく診てもらうこともあります。当日、別室で言語療法士や心理士などがさらに細かく質問をすることもあります。
すぐに検査や治療が必要ではないこともありますがその場合は半年後や1年後など再度連絡をとり、面談をすることを勧められます。「経過をみてみましょう」ということを言われますが、それは「安心である」という意味ではなく、今後の成長によっては専門的なアプローチが必要になるかもしれないということです。要観察の場合は必ず指定された時期に連絡を取るようにしましょう。
ひっかかった後のフォローは必ず保健センターなど実施した施設の保健師が担当して丁寧に説明してくれるので連携をとってやっていきましょう。わからない点があれば質問をしっかりしましょう。

3歳児検診の必要性を理解して!

ただただ検診に行かせておしまい、ではなくしっかりと3歳児検診の必要性を理解することが重要です。

発達障害があるかも?3歳児検診に行くのを遅らせる?

発達障害が気になっている場合、もう少し経ったら周りの子に追いつくのではないかと思って、3歳児検診の受診を遅らせてしまう方がいます。しかし、周りの同月齢の子も成長をしているため、発達が短期間で追いつくことはあまりありません。医師や保健師は3歳児検診の受診を遅らせたとしても、遅れた分の月齢をプラスして発達を診ます。
3歳児検診での大切なポイントは子供の発達が遅れることで名誉が傷つく・履歴に傷がつくことではなく、発達の遅れを早期に発見することで適切な対応や治療・支援を受けることです。支援を受けることで就学時期での言葉の遅れなどが緩やかになることもあります。
3歳児検診で発達障害などの疑いがあった場合は各分野の専門家との連携をして、診察などをしていきます。子どもにとってマイナスになることはありません。
 (2107)

3歳児検診は子どもの成長をみんなで支えていくステップです

3歳児検診は子どもの成長のために必要な健康診査です。親の子育てをテストするものではありませんので事実を隠さないで、子どもを診てもらうことが大切です。専門家による成長発達の判断を受けることで、子どもの成長の手助けになります。発達障害や先天性の障害などできるだけ早い段階で支援や治療を受けることで、さらなる成長を促すことができるとされています。
一見健康で、病気をしたことがない子でも3歳児検診の尿検査や視力検査で病気や異常が見つかることもあります。保護者だけでなく子どもの成長をみんなで支えてくれるステップのひとつですので、積極的に3歳児検診を受けましょう。
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

赤ちゃんのデリケートな肌を守るために知っておきたいこと

赤ちゃんのデリケートな肌を守るために知っておきたいこと

赤ちゃんはの肌はとってもデリケート。ですが自分で肌のケアができません。周りの大人が気を配り、こまめにケアしてあげることが必要です。そんな赤ちゃんの肌を守るために必要なことを、現役保育士がお伝えしてゆきます。
haRu | 293 view
連載(第5回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

連載(第5回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

お子さまの将来を考えて、ピアノやスポーツ、そろばん、習字などいろいろな習い事をさせているママやパパも多いですよね?今回は「アタマがよくなる!メカジキのソテー献立」をご紹介します。食べ物からもお子さまの将来をサポートしていきませんか?待望のはぐこむ食育記事第5弾をお届けします。
連載(第4回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

連載(第4回)はぐこむの食育「やさしいごはんで強いからだ」 監修:新谷 友里江先生(料理家/管理栄養士)

子どものころ、好きな食べ物はなぁに?と聞かれて「ハンバーグ!カレーライス!から揚げ!」と答えていた中にミートスパゲッティも入っていませんでしたか?今回は連載第4弾!ママにも嬉しい、簡単!めちゃうま★ミートソース献立のご紹介です。子どもたちの笑顔を想いながらからだにもやさしいミートスパゲッティ、作りませんか?
☆ママ必見☆子どもと手作りクリスマスツリーを作ろう♪

☆ママ必見☆子どもと手作りクリスマスツリーを作ろう♪

11月も半ばになると、どこへ行ってもクリスマスモード☆しかし……!家に大きなクリスマスツリーを飾るとなると、場所的にも厳しいし、値段も意外と高い!そこで、元幼稚園教諭が、 お子さんと楽しくクリスマスツリーを手作りする方法を伝授します♪
Michiru | 1,176 view
【わが子は発達障害】初めての母子分離療育で息子が見せた成長と忘れられない言葉

【わが子は発達障害】初めての母子分離療育で息子が見せた成長と忘れられない言葉

息子が自閉症だとわかったそのときから、息子の療育探しはスタートしました。 息子が初めてお世話になることになった療育場所は「母子分離」療育。息子と初めて離れて過ごすことに不安たっぷりの私。でも、彼はゆっくりながらもしっかり成長してくれました。『ゆっくり』のペースだからこそ感じられる、成長することの有り難みを私は彼に改めて教えられることになります。
akikoh | 2,705 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

niko niko