2017年7月10日 更新

トイレトレーニングはいつから?どうしたらいいの?元保育士が徹底解説!!

234 view お気に入り 0
そろそろトイレトレーニングをする時期なのかな?と思っても何から始めていいのか分かりませんよね。

トイレトレーニングは子供のタイミングもあるので始める時期を決めるのは難しいです。
そこで元保育士で現役ママである私が体験談も含めてトイレトレーニングの進め方をお伝えします。

この記事を見ながら「うちの子のトイレトレーニングはどうかな?」と思いながら見ていきましょう。そうすることでお子さんのトイレトレーニングの進め方がわかってきますよ。

元保育士としてトイレトレーニングは親と子の二人三脚で行うものだと考えています。子供主体で子供のペースに合わせて進めていくとスムーズにオムツが取れますよ。

トイレトレーニングを始める平均的な時期

 (1301)

トイレトレーニングは個人差があるとはいえ平均的な時期は気になるものですよね。では参考程度に頭に入れておきましょう。

トイレトレーニングを始める時期は大体1歳~2歳くらいだと言われています。その理由は言葉で排泄のタイミングを伝えることができるためです。また排泄の感覚があいてくるのも大きな理由の1つです。

そしてトイレトレーニングが完了する時期は入園を目安にしているママが多いですね。実際に幼稚園、保育園入園の際にはクラスの4分の3くらいの園児はトイレトレーニングが終了してパンツで入園していました。

ですが、この時期はあくまで平均です。この時期にトイレトレーニングができていなくても心配いりませんよ。お子さんのトイレトレーニングのタイミングを大切にしてあげてくださいね。

トイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングを進めるのに最も大切なのは「焦らずにゆっくり」ということです。トイレトレーニングは子供のペースを大切にして欲しいです。しかしママたちは思うように進まないトイレトレーニングに「焦りを感じてしまう」なんてこともあるかもしれません。

私もトイレトレーニングが思うようにいかずにイライラしたり、子供を怒ってしまっていました。今思えば「なんで子供のペースに合わせられなかったんだろう?」と反省ばかりです…。

でもよく考えてみて下さい。大人になってもオムツをしている人はいないですよね。なので焦ってしまう気持ちを落ち着かせて「いつかオムツがとれる」という考え方がトイレトレーニングには重要だと感じました。

トイレトレーニングの進め方その1【トイレに興味を持とう】

 (1302)

まずトイレに興味を持つことから始めましょう!と言っても方法がわかりませんよね。そこで参考までに私の方法をお伝えしますね。

【現役ママのトイレへの興味の持たせ方】
・子供の好きなキャラクターのおまるを買う
・子供のおもちゃと同じようにおまるを使って遊ぶ
(この時におまるでどのように座るのかを自然と伝えるようにしていました)
このようなやり方でトイレに興味を持てるようにしていました。

トイレトレーニングのために始めはおまるに座る時も車に見立てて遊んでいることが多かったです。この遊びを繰り返すことで初めはおまるの中に入って遊んでいたのが、自然とおまるを跨いで座れるようになりましたよ。

トイレトレーニングの進め方その2【トイレは何をする所なのか伝えよう】

 (1303)

トイレトレーニングでトイレに興味が持てるようになったらトイレの役割を伝えることが必要になってきます。

その伝え方に現役ママである私は【ぬいぐるみなどの人形】を使いました。
おままごとをする中でぬいぐるみをおまるに跨らせて「おしっこしたよー」などと言葉掛けをしたのです。そうすることで段々と子供がおまるは排泄をする場所なんだと理解しはじめました。

他のトイレトレーニングの方法としておまるをトイレへ移動することで「おまるはおもちゃではない」と気づくはずです。
このようにして少しずつ子供のおまるに対しての考え方を変えていけるといいですね。
おまるを移動する場合も急に移動してしまうと子供が寂しく感じてしまうかもしれません。なので移動するときも子供と遊びながら移動できるようにしましょう。

例えば車に見立て遊びに使っていた場合は「車でお出かけしよー」と言いながらトイレへ行くと自然ですよね。

このように子供が違和感を感じないようにトイレトレーニングを進めていきましょう。

トイレトレーニングの進め方その3【オムツを変えるタイミングでトイレにいこう】

 (1304)

ここからのトイレトレーニングはママの「根気」が大切になってきます。
オムツを替えるタイミングでおまるに座るように習慣づけたいですよね。

しかし始めにも言ったようにトイレトレーニングは「楽しく」行うことが最も重要なのです。

なのでいきなりおまるに座らせるようにするのではなく、1日1回でも十分。トイレトレーニングとしておまるに座ることが大切です。1回でも座ることができたらたくさん褒めてあげましょう。そして少しずつ回数を増やしていくのです。

トイレトレーニングをしていると問題が1つ出てきます。それは子供がおまるに座ることを嫌がる時です。この時にママは「なんで?昨日まではちゃんと座ってくれたのに…」と思ってしまうことでしょう。

そんなママたちに元保育士として一言【子供も何となく気分がのらない時がある】ということです。

なのでトイレトレーニングを嫌がった時はその気持ちを受け止めて無理におまるに座る必要はありません。でもオムツを替える時に「おまるに座ってね」と言葉掛けは必ずするようにしてくださいね。

トイレトレーニングでこのように言葉掛けをし続けることによっておまるに座ってくれる時が来ますよ。この方法を続けると習慣づいてオムツを替える時に子供から自然とおまるに座るようになります。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mamachiki mamachiki