2017年7月6日 更新

赤ちゃんの大切な睡眠のために【ママが心掛けるべきこと】

257 view お気に入り 0
赤ちゃんは「寝るのが仕事」とよくいわれているように、生まれて間もない赤ちゃんは昼夜問わず睡眠を摂っています。でも、赤ちゃんの睡眠にはとても個人差があります。だからこそ、自分の赤ちゃんの睡眠は「充分なのかな?」「足りてない?」と気掛かりに思っているママも少なくありません。

そこで今回は赤ちゃんの睡眠について、新生児から1歳までの【赤ちゃんの睡眠の平均時間】や、生活リズムのポイントなど【赤ちゃんの睡眠についてママが心掛けておくべきこと】ついてご紹介します。

睡眠のリズムが定まらない【新生児時期の赤ちゃんの睡眠】

 (313)

【新生児時期 平均睡眠時間:16時間〜18時間】

新生児の赤ちゃんの睡眠は、毎日を「寝る→起きる→授乳する→寝る」の繰り返しです。もちろん昼夜の区別なんて全くありません。でも、それは仕方ないこと…。

ママのお腹の中で10ヶ月間、寝起きして過ごしてきたであろう赤ちゃんにとって、「夜は寝る→朝だから起きる」なんてルールは通用しなくて当然。しかし「夜は寝る」の習慣が身に付いているママには、お世話のために昼夜関係なく寝起きし、まとまった睡眠が取れないこの時期は睡眠不足との戦いの時期でもあります。

私の次男は、産まれた頃からよく寝る子でした。周りからも「お母さんを寝かせてくれる親孝行な子ね〜」なんて言われた覚えがあります。しかし…このぐらいの赤ちゃんは睡眠を摂り過ぎてもよくないんです!1ヶ月検診で先生に注意されてしまいました。
よく睡眠を摂るということは、起きて授乳をする回数が少ないということ。案の定、体重の増加が思うより伸びていなくて、先生から「夜は赤ちゃんを起こしてでも授乳してください」と言われてしまったんです。

赤ちゃんを寝かせすぎても体重が増えずに困ってしまうし、寝なさ過ぎてもママに負担…。

赤ちゃんの育児について分からない事があるときは、周りに相談して先輩ママにアドバイスをもらったり、話を聞いてもらうなどして1人で抱え込まないこともとても大事です。
赤ちゃんの授乳量が減り、体重が増えないほど寝てしまう場合には、医師に相談するのもいいかもしれません。

昼夜の区別がつきだす【生後2〜3ヶ月の赤ちゃんの睡眠】

 (314)

【生後2~3ヶ月 平均睡眠時間:14~15時間】

この頃の赤ちゃんは起きる時間も少しずつ長くなり、1度の授乳量も増え、睡眠時間も長くなりつつある時期です。
目も見えるようになり出し、周りをキョロキョロ見出すなど大人の環境に合わせて、睡眠の時間と起きてる時間など生活リズムが整いだすのが、この生後2〜3ヶ月の頃。

大人も生活リズムを見直すとき

この時期に大切なことは、一緒に過ごす大人が生活リズムを整えることです。

これまで大人だけの生活では「お休みの日は、朝はゆっくり寝る」「休日の前の日は、夜更かしして映画鑑賞」なんて自由に睡眠を摂って過ごしていた人も多いと思います。しかしこれからは、赤ちゃんの安定した睡眠を確保するためにも、夫婦で協力し合い毎日一定の生活リズムを整えるように心掛けましょう。

眠りが浅くなる赤ちゃんに、ママの疲労もピークに

また、この時期の赤ちゃんは周りに興味が出てきた分、折角寝たと思ったにちょっとした物音で起きてしまう赤ちゃんも。「折角寝かしつけて、ゆっくり出来ると思ったのに…」とストレスを抱えてしまうママも増えてきます。

産後の疲れがピークにくるこの時期。赤ちゃんにとって睡眠はとても大切ですが、それはママにも充分に言える事です。「もう何日もまとまった睡眠が取れていない…」そんな状況は、疲労蓄積の原因にもなってしまいます。

また、産後は身体もとってもデリケート。
実際、私も出産後はすぐに風邪を引いてしまうなどこれまでにない体の変化に戸惑いました。
出産前は持ち前の体力でハードワークによる寝不足の日々も乗り切っていたのに!

そんな心身ともにデリケートな時期だからこそ、たまには誰かに育児を交代してもらってゆっくりお昼寝をすることも必要。周りのサポートにも頼りながら、ママ自身が心と体を整えることも大切ですよ。

寝る時間、起きる時間が明確になる【生後4〜6ヶ月の赤ちゃんの睡眠】

 (315)

【生後4~6ヶ月 平均睡眠時間:13~14時間】
この時期になると、昼夜の生活リズムが整いだし、同時に「朝寝」「お昼寝」など活動する時間と寝る時間が明確になります。

赤ちゃんの睡眠を安定させるために心掛けるべきこと

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

背中スイッチとは!?赤ちゃんの寝かしつけ方法を元保育士が徹底解説!

背中スイッチとは!?赤ちゃんの寝かしつけ方法を元保育士が徹底解説!

赤ちゃんの寝かしつけに困ることありませんか? やっと寝てくれたと思っても布団に置いた瞬間に起きてしまう… 一体いつになったら寝てくれるの?と途方にくれているママたち必見です! そのお悩み元保育士が解決しましょう! 背中スイッチを刺激しない寝かし方とは…?
mamachiki | 438 view
赤ちゃんのデリケートな肌を守るために知っておきたいこと

赤ちゃんのデリケートな肌を守るために知っておきたいこと

赤ちゃんはの肌はとってもデリケート。ですが自分で肌のケアができません。周りの大人が気を配り、こまめにケアしてあげることが必要です。そんな赤ちゃんの肌を守るために必要なことを、現役保育士がお伝えしてゆきます。
haRu | 113 view
子どもと参列する結婚式を100%楽しむためのコツ!

子どもと参列する結婚式を100%楽しむためのコツ!

結婚式に、子どもも一緒に招待してもらった!嬉しい反面、服装は?持ち物は?ご祝儀はどうすればいいの!?と、わからないことがたくさん。そんな方はぜひこれを読んで、大切な日を安心して迎えて下さいね☆
Tukimugi | 993 view
布おむつはかぶれない?保育士が教える布おむつの3つのメリット☆

布おむつはかぶれない?保育士が教える布おむつの3つのメリット☆

布おむつの使用を考えていないママも多いかもしれませんが、おむつカバーの性能が向上していて、布おむつは注目されつつあります。しかし、布おむつはおしりがかぶれやすいのではないかと言われることがあります。かぶれないような使い方と布おむつのメリットを乳児保育の経験が豊富な保育士が紹介いたします!
niko | 1,003 view
安全に!楽しく!赤ちゃんと仲良くお風呂に入る方法とは?

安全に!楽しく!赤ちゃんと仲良くお風呂に入る方法とは?

お風呂は赤ちゃんによって好き嫌いが分かれる事が多いと感じます。 お風呂が嫌いな赤ちゃんはずっと泣いていて、ママはお風呂の時間が憂鬱になってしまう事もるのではないでしょうか? そんなママたち必見!!赤ちゃんが楽しく機嫌よく入るための方法をお伝えします。 赤ちゃんと楽しくお風呂へ入るためには…?
mamachiki | 195 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

akikoh akikoh