2017年8月8日 更新

初めての赤ちゃんとの旅行…何を持っていけばいいの?現役ママの体験談

180 view お気に入り 0
赤ちゃんとの旅行は新しい赤ちゃんの表情が見れてとても楽しいものです。
安心して楽しむためには赤ちゃんの持ち物を完璧にしておく必要があります。

「忘れ物したら旅行先で購入したらいいかな?」と考えて旅行へ行ってみると、案外赤ちゃんの物が売っていないことに気づくはずです。
コンビニに赤ちゃんのオムツやミルクは置いてありますか?
置いてある可能性はとっても低いです。
必要なものがないとママは焦ってしまい旅行を楽しむどころではなくなってしまいます。

また旅行の時に限って赤ちゃんは
「今までこんなことなかったのに!」「よりによってこんな時に…!」
と思うような事がたくさん起きるのです。
のちに笑い話になるような事ばかりですがその時は「どうしたらいいの?!」と焦ってしまいます。

そんな赤ちゃんの「もしも」のために必要な持ち物を一緒に考えていきましょう。

赤ちゃんの旅行の持ち物【月齢関係なく必要なもの】

 (3051)

赤ちゃんに必要なものは普段使っていて必要性が高いものから順番に準備するのがコツです。
例えばオムツやミルク、ほ乳瓶などですね。
1日を通して赤ちゃんがどんなものを使っているのか改めて考えながら生活してみて下さい。赤ちゃんの忘れ物がなくなり、必要なものがわかるのでぜひ試してみて下さいね。

【絶対に必要な赤ちゃんの持ち物】
・母子手帳
(旅行先で赤ちゃんが怪我や病気になってしまった際に持っていた方がいいです。母子手帳の中に保険証なども一緒に入れておきましょう。)

・オムツ、おしりふき、おむつ替えシート
(赤ちゃんのオムツはいつ代える事になるか分からないので、この3つはセットにして用意しましょう)

・タオル
(ハンドタオル、フェイスタオル、バスタオルといろんな大きさのタオルを数枚用意しておきましょう。赤ちゃんがタオルを必要な時はとても多いです)

・水筒やマグなど水分補給ができるもの
(車での旅行であれば渋滞になる可能性もあるので赤ちゃんの水分補給ができるものは大切です)

・ビニール袋
(赤ちゃんがいるとオムツを代えたりゴミが出ることが多いです。袋はたくさん持っていきましょう)

・赤ちゃんの服
(肌着やパジャマも含めていつも以上に赤ちゃんの着替えを持っていきましょう)

・抱っこひも、ベビーカー
(この2つさえ準備しておけば赤ちゃんの移動が楽ですよ。また抱っこひもはママの近くにいられる安心感から赤ちゃんが泣かずにお利口にしてくれる可能性があります)

私の子供たちは抱っこひもが必需品でした。抱っこされていればほとんど泣くことがありません。それぞれ赤ちゃんの性格もありますが、赤ちゃんも旅行を楽しめるようにしてあげることが大切だと思いますよ。

赤ちゃんの旅行の持ち物【月齢別で必要なもの】

赤ちゃんは月齢によって必要なものが違ってきます。
それは0歳の赤ちゃんの成長のスピードがとても早いことが理由です。
赤ちゃんの月齢別に、それぞれ必要な物、理由もお伝えしていきますね。

さて、あなたの赤ちゃんに必要な持ち物はどんなものでしょうか?
一緒に確認をしていきましょう。

赤ちゃんの旅行の持ち物【0カ月頃から5カ月頃】

 (3053)

この頃の赤ちゃんに必要なものは旅行先で手に入れることが難しいです。
というのは月齢の低い赤ちゃんが旅行へ行く機会の少ないことが理由になります。
しかし上の子がいたりすると月齢が低くても旅行へ行くことは十分にあり得ることですよね。

【0カ月から5カ月の赤ちゃんに必要な物】
・ミルク、使い捨てほ乳瓶
(ほ乳瓶を持っていくと荷物が多くなったり衛生面が気になります。なので使い捨てのほ乳瓶がおすすめです)

・お湯・湯冷まし
(ミルクを飲んでいる赤ちゃんのお湯や、白湯はすぐに用意することは難しいです。なので出かける前に用意しておきましょう。またミルクを飲んでいない赤ちゃんにも水分補給として使うことができます)

・授乳ケープ
(旅行先では授乳室がないところがたくさんあります。そのためいつでも授乳できるように持ち運ぶカバンに入れておきましょう。赤ちゃんのお腹が減った時にすぐ対応できます)

・体温調節に必要なもの
(この頃の赤ちゃんはまだ自分で体温調節することが難しい時期と言われています。なので暑い時や寒い時に調節できるように季節に合わせて羽織るものなどを準備しておきましょう)

・スタイ
(よだれだけではなく、ミルクなどの吐き戻しのある時期。スタイをしているとちょっとの吐き戻しであれば着替えなくてもスタイを代えるだけですむので便利ですよ)

赤ちゃんがミルクなのか、母乳なのかで持ち物が変わってきます。
ミルクの赤ちゃんはどうしても持ち物が多くなってしまうので、湯冷ましをコンビニの水で代用したり少しでも荷物が軽くなるような工夫ができるといいですね。

赤ちゃんの旅行の持ち物【6カ月頃から10カ月頃】

 (3054)

赤ちゃんの離乳食が始まります。食べ物に関して食中毒などにならないように気を付けて欲しい月齢です。
そして赤ちゃんは離乳食だけで1日を過ごせるわけではないので1番持ち物が多い時期かもしれませんね。

【6カ月から10カ月の赤ちゃんに必要なもの】
・離乳食
(手作りよりもレトルトの離乳食を準備してください。手作りの離乳食よりもレトルトの離乳食の方が食中毒になる可能性がとても低くなるからです)

・スプーン、フォーク
(離乳食が始まったばかりの赤ちゃんは使い慣れていないスプーンだと食べてくれないことがあります)

・食事用のエプロン
(赤ちゃんはまだまだ上手に食べることができません。なのでエプロンを持っていくことで着替えが少なく済みます。使い捨てのエプロンにするとより旅行後の洗濯物も減るのでおすすめです)

・おもちゃ
(赤ちゃんの好きなおもちゃを持って行くことで機嫌よく過ごしてくれます)

・ウェットティッシュ
(赤ちゃんの離乳食後に口を拭いたりと使う機会がたくさんあります。忘れてしまってもおしり拭きで代用できます)

赤ちゃんの離乳食は食べ慣れている物を持っていくことをお勧めします。
赤ちゃんによっては食べ慣れていない離乳食を食べないです。事前に食べの良い離乳食を見つけておきましょう。

赤ちゃんの旅行の持ち物【11カ月頃~】

 (3055)

成長の早い赤ちゃんは歩いている月齢です。また歩いてなくてもつかまり立ちや、伝い歩きなど立つことが楽しい時期になります。
この頃の赤ちゃんとの旅行はいろんな反応が見られるのでとても楽しいはずです。
ちなみに私の第1子の初旅行は1歳過ぎた頃だったのでヨチヨチ歩きをしながらいろんなものに興味を示していましたよ。
いつもとはちょっと違う赤ちゃんの表情が見れて親の私も幸せな気持ちになったのを覚えています。

【11カ月からの赤ちゃんに必要な物】
・靴
(くつがあることで赤ちゃんは思う通りに動くことができます。そのため靴があるとより赤ちゃんが旅行を楽しめると思います)

・絆創膏
(赤ちゃんの足取りがしっかりしないので転ぶことがあります。その時の応急処置として持っておくと便利です)

・離乳食
(ほとんどの赤ちゃんが食べることが楽しいと思っている時期です。なので離乳食は必須!できることならおやつもあるといいですよ)

・歯ブラシ
(歯が生えている赤ちゃんは持っていきましょう。ホテルなどの歯ブラシでもいいのですが、赤ちゃんの慣れているものを使ってあげる方がいいかな?と個人的には思います。歯磨きを嫌がる赤ちゃんが多いですからね)

1歳前後になると卒乳している赤ちゃんも少なくありません。なので赤ちゃんの喜ぶ「おもちゃ」「おやつ」「ジュース」を用意しておきましょう。
私の子供たちはおやつがあれば静かに機嫌よく過ごしてくれたので、移動している時に活躍していましたよ。
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子どもと参列する結婚式を100%楽しむためのコツ!

子どもと参列する結婚式を100%楽しむためのコツ!

結婚式に、子どもも一緒に招待してもらった!嬉しい反面、服装は?持ち物は?ご祝儀はどうすればいいの!?と、わからないことがたくさん。そんな方はぜひこれを読んで、大切な日を安心して迎えて下さいね☆
Tukimugi | 1,542 view
布おむつはかぶれない?保育士が教える布おむつの3つのメリット☆

布おむつはかぶれない?保育士が教える布おむつの3つのメリット☆

布おむつの使用を考えていないママも多いかもしれませんが、おむつカバーの性能が向上していて、布おむつは注目されつつあります。しかし、布おむつはおしりがかぶれやすいのではないかと言われることがあります。かぶれないような使い方と布おむつのメリットを乳児保育の経験が豊富な保育士が紹介いたします!
niko | 1,279 view
赤ちゃんの歯に大切な3つのこと☆

赤ちゃんの歯に大切な3つのこと☆

適切な赤ちゃんの歯を守る方法をご存知ですか?赤ちゃんの歯はとてもデリケートです。周りの大人が適切なケアをしてあげることが必要です。そんな大切な赤ちゃんの歯の守り方について、現役の保育士がお伝えします。
母乳が出にくいママへ☆おっぱいマッサージの方法と効果について

母乳が出にくいママへ☆おっぱいマッサージの方法と効果について

現役ママさんナースが実体験をもとに、母乳マッサージについてお伝えします!! 母乳マッサージって、特にプレママさんにとっては初めてのことで不安も多いと思います。ここでは、無理なく簡単に続けられる母乳マッサージの方法についてご紹介します!
専業主婦の子育ての実態とは?実は疲れと孤独の中にあるってホント?

専業主婦の子育ての実態とは?実は疲れと孤独の中にあるってホント?

専業主婦の子育ては昼寝の時間がある?旦那の稼ぎでランチ会?働くママが多くなってきた最近、「楽」に見られてしまう専業主婦。お家での子育ての大変さと楽しさを、保育士として働くママを見てきた現役専業主婦ママの私がお伝えします!
yotubababan | 4,871 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mamachiki mamachiki